ショップはこちら
↓ ↓ ↓
クロスステッチ通販 Stitch Being
ランキングに参加中♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

ハンドメイドショップ ブログランキングへ

以前のブログ⇒クロスステッチ制作日記

2011年12月15日

akiko流HAEDの刺し方

いかにHAEDを早くきれいに(裏も)、刺せるか。
みんなそれぞれに、合った方法があると思うので
どんなやり方が一番自分に合っているか、ということですね。

パーキング法でやってみたり、10目×10段のブロックで区切ってやってみたり・・・

10目10段ごとに区切っていくと
10段、10列目で次の段へ糸が渡ることがないので
どうしてもブロック線というのができてしまいます。
これもどうにも気になってしかたがない。

そして、刺し始めと糸の始末ですが、
みなさんブログで紹介しているので
いろいろと参考にさせていただきました。
たしかに表で処理するのは早くて魅力があります。
でも、裏がきれいでなくなったり、目がほつれそうで
心細かったり・・・
いろいろと試してみましたが
結局裏にかえして目にくぐらす方法に落ち着きました。
スピードは落ちてしまいますが、
きれいさとストレスを優先させました。


というわけで、akiko流のHAEDの刺し方をまとめてみます。

私の刺し方は、1枚目のチャートの左端から一番右のチャートの右端まで全チャートをつなげて一気に仕上げていく、10目ごとの一方通行のパーキング法です。

@左上端から横一列の10目の中で同じ記号の目を右方向に刺します。
同じ記号の目が無くなったら、右隣のブロック(10目×10段)の同じ列10目の、同じ記号の一番左にパーキングします。
その先に同じ記号があっても刺し進めずにパーキングです。

そこになければ次の段の同じ記号にパーキングするのですが、
移動範囲は真下のブロック、その隣り合う左右のブロック内。
その列の同じ記号の一番左にある場所へ。
さらに左側の同じ記号が続いている場合も、そこで糸を切る。
切るときは裏で適当に1cmくらいくぐらせる。

次の記号も同様に刺し、ブロックの1段目の10目が終わったら、隣の10目に進みます。

A一番右にたどり着いたら
2段目も左から右方向に進んでいきます。
一方通行です。

B刺し始めは、刺す目から2,3cm離れた上側の表側から刺して刺す目の左下に下から針を出す。
表には糸を1,2cm残す。
刺し終わりの糸を処理する時に、刺し始めに残した糸も裏に引っ張り出して裏で処理する。

作品の刺し始めで、裏でくぐらす場所がない時は、一旦表に糸を出しておいて、
数段仕上がったところで、それらの糸を裏で処理する。

ひとそれぞれやりやすい方法があると思います。
自分に合った方法を試してみてください。

刺し方としてはこんなところでしょうか。

あと、早く刺すコツは
糸の引きを素早く!!(笑)
大事なのは、集中力!!

たくさんのHAEDを完成できるようにがんばろ〜♪

クロスステッチの図案、材料のご用達は⇒クロスステッチ通販 Stitch Being
ご質問、ご相談もがあればお気軽にどうぞ♪

ブログのお引越ししました。
新しいブログはこちら
↓ ↓ ↓
クロスステッチ制作日記


posted by クロスステッチ at 12:08 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。